続・帰ってきたはぐれ日記

@えりえりの個人ブログ ネットまわりのことを主に書いていきます

2014年版 スクラップブックまとめ

半分素人ではありますが、わたくしも物書きの習性として、オンライン上の気になるものをクリップしまくります。
電話回線を使用していた時代は、とにかくページを保存、そしてプリントアウト。
やがて「紙」というアプリケーションに出会い、まさに神のようなこのアプリでSCRAPフォルダは充実。
しかし、マシンを乗り換えるうち、データや命のindexツリーが破損してしまうというトラブルに見舞われてしまいました。
やがて、まだ日本にはいったばかりのブラウザ、Firefoxに「Scrapbook」というアドオンがあるのを知り、手に取ります。
そこから、10年に及ぶXP時代を支える「Scrapbook」との蜜月生活が続きました。
それは今も継続するもので、
押し寄せるクラウド化の波やオンラインストレージの利便をもろともせず、たくましいものです。

正直なことを言うと
マシンやOSを何度か乗り換えた際にプラットフォームとなるブラウザ自身の性能や相性に、危機を感じたこともありました。
Evernoteやその他のアプリケーションにも、一通りの食指が動いたものです。

さて、そうした紆余曲折を経て
2014年版のスクラップ法はこうなりました。
オンラインサービスである「Pocket」や「はてなブックマーク」などへ気になる記事のブクマを挟んでおき
PCを立ち上げた際、ブラウザで確認
必要に応じて、Evernoteが配布するClearlyというアドオンで画面を整形し、そのまま「Scrapbook」に取り込み
ます。
取り込みに2アクション必要なようですが、
実際には
アドオンをひとつ通過させるだけで、広告や余分なレイアウトの全てが除去され
さらに自動ページングまで付加された、ほぼ完璧な状態で保存できるとあって
「本当の神がここにいた」と感動すら覚えるほどです。


昨年までは「とりあえずEvernoteへ」を合言葉に
この作業を繰り返していたのですけど、オンラインストレージには幾つかの弱点があります。

  • まず、セキュリティを他者に委ねなくてはならないこと
  • つぎに、サーバーの接続が甘ければ、データが吹っ飛ぶこと
  • 最後に、これだけの弱点がありながら、容量を増やすためにお金を払う必要がある。

……これらは致命的でした。
そもそもデータを溜めれば、いずれ容量が圧迫されるのは明らか
あっという間にパンパンに膨れ上がったそれらを、文句を言いつつ整理をするのも大儀です。
それならば
オンラインにはブックマーク、ローカルにデータと
あらかじめ振り分けた方が、手間もなく早いと気付いた次第。


【まとめ】

- データはローカル 元ネタのありか(ブックマーク)はオンラインへ
- 「Pocket」または「はてなブックマーク」を経由させ -「clearly」から「Scrapbook」へ


これで、だいぶすっきりしました。
実は別のストレージサービスを通し、保存データをスマホと共有していたのですが
残念なことに、つい先日セキュリティ上の致命的な問題が発覚し
予告なく全てのデータを破棄されてしまいました。どんなにパッチを当てたと言われても、これじゃもう使えませんね。
そんなこんなで、一時は完成したように思えたわたしのスクラップブック2014年版は
保存データのクラウド化という課題を残してしまいました。
でもまあ、きっとなんとかなるでしょう!
みなさんも、ご自身の使い途にあったスクラップ方法を見つけてくださいね。