続・帰ってきたはぐれ日記

@えりえりの個人ブログ ネットまわりのことを主に書いていきます

その1 極細ゲルインク スタイルフィットとコレトCを比較検証

検証といっても、そんな大したことはやってないんですが
極細ゲルインクということで
手帳や付箋、その他メモ書きなどの細かい文字や、繊細な記述につかうものでしょう。

シェア、ワンツーのボールペンを
ほぼ一年ほど使い込んでみた、雑感を並べてみます。

まずは書き味についての感想
5mm方眼にうまる程度の文字を書き続けた実感です。

  • ハイテックコレトC(0.3)
    • インクの送りにムラがある。5〜6行で掠れ始めるものも。
    • 黒や茶など、濃いインクの発色が、やや弱い。淡色は逆に鮮やか。
    • ロットリング風のペン先で、かっちりとした文字が書ける。
    • 反面、ひっかかりを感じるので、長時間使いたくない。

ですが、こちらのレフィル。ペン先を0.4に替えますと、印象ががらりとかわります。
インクの乗りもよく、発色も鮮やか。引っかかりもさほど気になりません。
ただし、あっというまにインクがなくなる(笑)
そもそも、0.3の極細ユーザー主体に作られてない? 
0.4を使え────そんな気がしました。

そして

  • スタイルフィット(0.28)
    • 0.28だが、見た目ほぼコレトの0.3と同じ筆跡。
    • インク発色は鮮やかだが、色味は落ち着いている。淡色も濃い?
    • ペン先がボールペン風に太い。インク送りが滑らかで、安定感がある。
    • 長時間使っても、疲れない。筆圧の高い人でも、ひっかかりは少なそう。

レフィルに関しては、極細では、こちら一択────というほかありません。
滑らかさは、油性ボールペンと水性万年筆の間くらい。
だから、早書きをすると、先に書いた文字が乾かないうち摺ってしまう。
あとインクの減りが早いのが
難点と言えば、難点かな……

実物はこんな感じです。

※レフィル ペン先の違いはあきらか (右コレト 左スタイルフィット)
f:id:erika4480:20111221163649j:image:medium

※レフィルの包装 (コレトのロットにムラがあるのは、この簡易包装のせいじゃ?)
f:id:erika4480:20111221163454j:image:medium


ここまでスタイルフィットの圧勝!────のようですね。
ところが、スタイルフィットには
大きな弱点がありました。
こちらです。

※ボディの比較
f:id:erika4480:20111221163816j:image:medium


はい。ボディなんですよ……

ぱっと見た感じ、水玉バージョンのスタイルフィットはかわいいし
長さも太さも標準的……なんですが
レフィルの先端に、カラーノッカーがついているコレトの便利さには勝てません。

そして
一番の問題は、繰り出したペン先が
ボディの中で、たまにひっかかる……レフィルが太くてしっかりしているからでしょうか?
また、フックにも、レフィル差し込みがあてられているのは感心しません。
手帳と一緒に、ペンを持ち歩くユーザーにとっては、
ひっかけるたびペン先を引っ込める、ストレスがあります。

一方のコレトはといいますと
レフィル装着のときに、入れ直し必至という面倒くささはあるものの
カラーノッカーの便利さは、説明の必要なしでしょう。
書いてる途中で、思考を途切れさせるスタイルフィットとは違い
色替えのストレスは、ほぼなし! これはマルチペンとして立派です。
ただ、こちらスプリングが、若干弱いのか
長く使うと、繰り出しが滑らかでなくなるという点も附記しておきます。

そんな感じで、ボディに関しては
それぞれおこのみはあるでしょうが、わたしは断然コレトCを推します。

というわけで、困りました(笑)
中身(レフィル)は、スタイルフィットがいい、だけどボディはコレトCがいい……

……うーん(-_-)……

唸ってたら、やっぱりお仲間がいらっしゃいました。
そして、悩んだ挙げ句
コレトCのボディに、スタイルフィットのレフィル、差しちゃった人も!(笑)

でも、これ、長さに結構な差があるように見えますよ?
しかも、ノッカーの部分、簡単に抜けませんし……

(引っ張るが、頑丈)


改造した人って、一体どうやったんでしょうか? 力わざ?
────のようですね(笑)

※参照記事
コレトとスタイルフィットの合体
〜スタイルフィットのリフィルをコレトで使う


やってみようかなぁ……どうしようか……
その前に、あたしの力じゃ、抜けないよーノッカー(笑)

と、書いた尻から、簡単にぬけました!(笑)
ひっぱっちゃダメなんですね。
くりくり……と捻って回したら、スポンと。

はっはぁ〜やっちゃいますかぁ〜これは(笑) つづく!