続・帰ってきたはぐれ日記

@えりえりの個人ブログ ネットまわりのことを主に書いていきます

TwitterのRSSフィード取得

※こちらの内容は過去ログとして残しております。2013年版はこちら http://ulala814.hatenablog.jp/entry/2013/09/10/120327

度重なる改訂(改悪?)で、いつの間にかRSSフィードが表向き姿を消したTwitterですが
ネットウォッチャーとしては、絡まず、ただ粛々と講読したいアカウントもあるもの。

わたしにとっては
著名人や、企業、団体、ブランドなんかのオフィシャルアカウントかなぁ……

タイムラインのまとめサイトはウェブ上にも数多くあって
そうしたウォッチャー性癖の持ち主が、自分一人でないことを思い知らされます。

が、そんなまとめサイトすら開くのはいやだ。
ストーカーらしく、虎視眈々と見守りたい!!(……語弊あんなぁ……)という場合も
時にはあるでしょう────



まぁ、前置きはこのくらいにして。

TwitterRSSフィードですが、本当に取得が難しくなりました。
少し前までは、ちょっとしたアプリやブラウザの拡張機能などを使えば
タイムライン・お気に入り辺り、さほど苦も無く取れたんですが。

Chrome拡張機能 TwitterRssGetterも わたしの環境では動きません)

ちなみに、フィード自体はまだ生きてます。
つまりRSS情報は、Twitterも吐いてるんですね。


じゃ、なんで取りづらくなったかと言えば
おそらく、TwitterAPI呼び出し制限の関係だと思われます。
別名、くじら封じです。

これはアカウントによって上限設定が異なるもので
サードパーティの関連アプリなどを作ってらっしゃる方には、お馴染みの制限。
またブログに、ツィートボタンや、リツィートボタンを付けすぎたとき
一時的に、エラーでTwitterが呼び込めなくなるアレも関係してます。

わたしも、詳しいわけではないので
付け焼き刃がとれないうちに、本題へ(笑)
こちらのやり方でも、制限にひっかかることがあるということを
先におことわりして

フィードは以下の手順で(2011/12/17現在)取得が可能です。
例はタイムライン。

少し前までは、IDでなく、直接アカウントを入れて出てくるファイルも
フィードとして使えたそうですが
今は、読み込みに失敗したり、
いったん読み込んでも、わたしの試したリーダーでは正確にRSS情報を受け取れませんでした。

また、これらの作業を混み合った時間帯に間断なくつづけると
“Rate limit exceeded. Clients may not make more than 150 requests per hour.”
こうなりますので、ご注意を。



これらの情報は、いくつかのウェブ上の記述に基づいて
あくまで個人的な感想として書き落としています。
仕様変更に伴って記事が古くなった場合や、ネット環境による差違について
当方では責任を負えませんので、よろしくお願いいたします。

※参照記事
TwitterのRSSフィードを取得したい場合