続・帰ってきたはぐれ日記

@えりえりの個人ブログ ネットまわりのことを主に書いていきます

犬の十戒と猫の十戒

犬の十戒」という、犬から飼い主へのお願い十箇条の形を借りたポエムをご存知ですか。
ネットでは勿論、ペットショップなど色々なところで見かけるようになりました。
犬好きには、たまらんものがあるらしく、号泣した人続出……とか。
確かに、犬という動物の習性、人と信頼関係を気づくことができる知能と性質などを思い起こしただけでも、なるほど……

ウィキペディアにも項目があるのには、ちょっとびっくり。
原文も掲載されていて、じっくり読むほど、犬から人間ではなく、むしろ作者の犬への愛情が伝わってくるようです。

犬の十戒 http://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%8A%AC%E3%81%AE%E5%8D%81%E6%88%92

日本語訳
1. 私の一生はだいたい10年から15年。あなたと離れるのが一番つらいことです。どうか、私と暮らす前にそのことを覚えておいて欲しい。
2. あなたが私に何を求めているのか、私がそれを理解するまで待って欲しい。
3. 私を信頼して欲しい、それが私の幸せなのだから。
4. 私を長い間叱ったり、罰として閉じ込めたりしないで欲しい。あなたには他にやる事があって、楽しみがあって、友達もいるかもしれない。でも、私にはあなたしかいないから。
5. 話しかけて欲しい。言葉は分からなくても、あなたの声は届いているから。
6. あなたがどんな風に私に接したか、私はそれを全て覚えていることを知って欲しい。
7. 私を殴ったり、いじめたりする前に覚えておいて欲しい。私は鋭い歯であなたを傷つけることができるにもかかわらず、あなたを傷つけないと決めていることを。
8. 私が言うことを聞かないだとか、頑固だとか、怠けているからといって叱る前に、私が何かで苦しんでいないか考えて欲しい。もしかしたら、食事に問題があるかもしれないし、長い間日に照らされているかもしれない。それか、もう体が老いて、弱ってきているのかもしれないと。
9. 私が年を取っても、私の世話をして欲しい。あなたもまた同じように年を取るのだから。
10. 最後のその時まで一緒にいて欲しい。言わないで欲しい、「もう見てはいられない。」、「私ここにいたくない。」などと。あなたが隣にいてくれることが私を幸せにするのだから。忘れないで下さい、私はあなたを愛しています。

ねぇ〜可愛いなぁ。
わたしも実は一度だけ犬を飼っていたことがあります。
三歳から五歳までの、ごく短い時期に出会った柴のミックスで、フクザツな事情で手放すことになったため
大人になった今でも、その犬のことが忘れられません。
というのも、そのワンコ。柴にはよくあるタイプで、頭が良く、家族への愛情がとても深かったんです。
それで、赤ん坊だった弟の手を噛んだ近所の大型犬を覚えて
散歩のたびに唸ってたんですが
あるときリードが緩んだ隙に「今がチャンス!」と立ち向かって大怪我を負わせたため
そこのご家族に逆恨みを買い
抜け毛を伝染病と通報されてしまったのです。
(うちのワンコだって、まともに歩けないぐらいの重症を負いましたけどね。血統書付きの犬なんて、当時タカラモノのような時代でしたから)
この辺りの事情は、まだ小さかったわたしにはよくわからないのですが
相手ワンコも薬殺処分、うちのワンコも検査ののち、おそらく処分されるだろうということになりました。
もの凄く理不尽です。
まだ五歳だったわたしの記憶の中で、保健所までの長い道のり
「おまえは悪くないからね。ぜったいに帰ってくるんだよ。待ってるから」と言いきかせ
それをじっと聞き入っていたその子の目が忘れられず
高校生になるまで、戻ってくる夢を見続けた────そんな思い出です。

わたしにとって《飼い犬》とはその子だけなので、もう二度と犬を飼うことはないと思います。
なんというか、そういう動物なんでしょう、犬という生き物は……


対して、猫の十戒!────とは(笑)
あは。こちらは、逆に人が「べからず」と猫に言いきかせていますよ。
まーー無理です。無理だとわかってるから、「べからず」なんでしょうが、まー無理です(笑)

でも、叱られた時、耳をペッタンコにして床に伏せながら、そっぽを向きつつこちらの様子を伺ってる背中は、なんとも愛らしいもの。
うちの猫は、どちらかというと《ヘタレ》なので、そんなとき名前を呼ばれたら、もう目をうるうるにして
「にゃーーー!!(ごめんなさい、もうしません。なでて! →謝罪と賠償はセット)」と走って来ます(笑)
おまい、猫族の風上にもおけんぞ。プライドはないのか!プライドは。
「にゃー……(あるつもりなんだけど)……」


昔飼ってたにゃんこは、正反対の女王様でしたけどねーー(でもどっちも好きよ)


そんな、猫の十戒もセットで、どうぞ。
こちらは泣くどころか、笑っちゃいます。

◆ネコの十戒 http://allabout.co.jp/pet/cat/closeup/CU20041220B/index2.htm

1. Thou shalt not jump onto the keyboard when thy human is on the modem
汝、人間がモデムを使っているときは、キーボードに飛び乗ることなかれ。
2. Thou shalt not pull the phone cord out of the back of the modem.
汝、モデムの後にある電話線を抜くことなかれ。
3. Thou shalt not unroll all of the toilet paper off the roll.
汝、トイレットペーパーをロールから全部引っ張り出すことなかれ。
4. Thou shalt not sit in front of the television or monitor as thou are transparent.
汝、透明ではないのでテレビやモニターの前に座ることなかれ。
5. Thou shalt not projectile vomit from the top of the refrigerator.
汝、冷蔵庫の上から勢いよく吐き戻すことなかれ。
6. Thou shalt not walk in on a dinner party and commence licking thy butt.
汝、ディナーパーティーのときにやってきて、尻を舐め始めることなかれ。
7. Thou shalt not lie down with thy butt in thy human's face.    
汝、人間の顔の上に尻を向けて横たわることなかれ。
8. Thou shalt not leap from great heights onto thy human's genital region.
汝、高いところから人間の股間に飛びかかることなかれ。
9. Fast as thou are, thou cannot run through closed doors.   
汝、どんなに速く走ろうとも、閉まったドアを通り抜けることはできない。
10. Thou shalt not reset thy human's alarm clock by walking on it.
汝、目覚まし時計の上を歩いてタイマーをリセットすることなかれ。
11. Thou shalt not climb on the garbage can with the hinged lid, as thou wilt fall in and trap thyself.
汝、蝶番付きのフタが開くごみ箱に乗って、落っこちる罠にはまることなかれ。
12. Thou shalt not jump onto the toilet seat just as thy human is sitting down.
汝、人間が腰掛ようとした瞬間にトイレの便座に飛び乗ることなかれ。
13. Thou shalt not jump onto thy sleeping human's bladder at 4a.m.
汝、午前4時に眠っている人間の膀胱の上にジャンプすることなかれ。
14. Thou shalt realize that the house is not a prison from which to escape at any opportunity.
汝、家とは機会があれば逃げ出せる刑務所ではないことを悟るべし。
15. Thou shalt not trip thy humans even if they are walking too slow.
汝、人間の歩みがいかに遅くとも、つまずかせることなかれ。
16. Thou shalt not push open the bathroom door when there are guests in thy house.
汝、家にゲストがいるときはトイレのドアを押し開ける事なかれ。
17. Thou shalt remember that thou are a carnivore and hat houseplants are not meat.
汝、汝は肉食動物であり、観葉植物は肉でないことを思い出すべし。
18. Thou shalt show remorse when being scolded.
汝、叱られたときには後悔してみせるべし。