続・帰ってきたはぐれ日記

@えりえりの個人ブログ ネットまわりのことを主に書いていきます

畿内は大変なことになっとりま!

みなさんお元気でいらっしゃいますか。この数日間のパンデミックで、こんな挨拶もとても大切に思えるようになりました。
ワタクシと家族は今のところ元気でやっております。
いやー夫が虫歯いたいーとか申しておりますがね……

地図をみて頂ければおわかりかと思いますが
畿内、とくに京阪神というのは、他県の皆様が考えるより、大変狭い地域です。歴史的に見て、古い土地柄ですから、当たり前と言えば当たり前ですが。
大阪と言っても、高槻や茨木は、京都市内から私鉄で二十分ほど
京都から大阪を跨いだ兵庫にしたって、JRなら一時間ですからね。
そんな狭くて、交通機関と人々のひしめき合っている畿内ですから
お隣の府県での騒動は、ほとんど町内の出来事と変わりません。

世間のみなさんは騒ぎすぎと仰いますが
大騒ぎどころか、関西のみなさんの顔つきは、明日は我が身と厳しく渋いもののようにわたしには思えます。

ネットには色々な年齢、様々な考えの方がみなさん匿名でいらっしゃるもので
関西人を全てシャットアウトしろとか(笑) 大阪から書き込みをしただけでギャーとからかう幼い反応もあるようですが
そもそも、なぜゴールデンウィーク後に感染爆発したかを考えれば
大きな空港を2つももってる関西は、たまたま……だったとしか思えません。
そこから先の感染経路に関しては、報道の通りです。
ですからおふざけはよしにして
本当に、伸ばすことができる出張なら控えた方がいいですし、予防策は講じるに越したことはありませんし
万が一体に変調があればきちんとお申し出になって、早め早めの手当を受けられるのがよろしいかと。


わたしの周囲でも、マスクの品薄が大変で
さらに神戸の友人がマスクの品切れで困っているようだったので
関東住みの友人に「そっちにあったら、送ってやってくれ!」とメールを致しましたら
「もう用意してる! あなたにもすぐ送るから」と返事が来て、温かさに泣きそうになりました。


怖がるな騒ぐなと、対岸から諭される方も何かと多いですが
火の元の人間にはありがた迷惑な話です。騒ぐのも諭すのも大差ない(笑)
次に自分のところに来たら何をすればいいのか、しっかり先達を踏み台に静観して下さい。


とはいえ
一度点いた火を見たら、うっかりバケツリレーをしてしまうのが人情
その心の奥にあるのは、恐怖だけではなく、出来ることは自分でするんだという使命感でありたいものです。

日々沢山の感染報告があるのは、日本の医療が進んでいる証拠
負けずに頑張りましょう!